自律神経失調症と思ったら早めに受診~適した治療で健康になる~

病棟

仕事のストレスからの変調

医者

仕事のストレス

私は30代の頃に仕事のストレスから身体に異変が起き始め、病院で診てもらったところ自律神経失調症であることがわかりました。その時のことについてお話します。私は30代に入り会社の大きなプロジェクトに取り組むことになりました。このためプロジェクトに必要な資料作りや作業者への指導教育など、管理する立場の仕事に取り組むことになりました。このプロジェクトの仕事は自分の担当している仕事の合間をみて行っていましたが、ほとんどが残業時間に行っていました。このため毎日仕事が終わるのが夜の10時から11時と、遅い時には夜12時を回ることもありました。また休日の日曜日にも会社に出勤して資料作りなどを行うこともありました。

身体の異変

このような仕事漬けの日々が約一年間続きました。そしてプロジェクトは無事に成功することが出来たのですが、自分の身体にいろいろと異変を感じるようになってしまい、病院で診てもらったところ自律神経失調症であることがわかりました。私の自律神経失調症の症状にはまずは睡眠がよく取れなくなったことと、朝起きるのがとても辛くなってしまったことです。また仕事で人前でのプレゼンがある時など動悸が激しくなってしまい、自分ではコントロールが効かなくなり話す言葉がしどろもどろになってしまうことが多々ありました。このような症状は仕事のストレスから来る自律神経失調症の症状であることがわかり、薬による治療を行いました。私は約半年間病院に通院して自律神経失調症を治すことが出来ました。

内科で治療をするべき理由

女性

更年期障害を病院で治療する場合には、内科で受診することをおすすめします。総合的な治療を行う内科では、高血圧やコレステロール値、中性脂肪値を下げる治療も同時に行えます。また、頭痛や貧血の症状を改善できるのも、内科での治療の特徴です。

読んでみよう

足の血管がコブになる病気

自然

下肢静脈瘤というのは血管の病気で、下肢の部分に血管がコブになる症状が出ます。早めの治療が必要で、ふくらはぎが重たく感じたり、血管が浮き出ている時は要注意です。女性に多いのは妊娠によって血管内の弁が壊れてしまうからです。壊れた弁を修復する名医がいますから、そのような病院で治療を受けることも大切です。

読んでみよう

情報を集め検討

女性

初めて行く病院の雰囲気やどんな診察をしてくれるのかなどはわからないと思います。そんなときに口コミ情報を検索して、その情報を参考にするのがオススメです。待ち時間がどのくらいなのかなどもよくわかるのでオススメです。

読んでみよう